滑りの原因

通常、床面と足が密着した状態で歩行すればガラスの上でも滑りにくいものです。しかし、床面と足の間に水や油分等の別要素が入ることによって滑りが発生しています。特に浴室は水垢や温泉成分、体脂肪分等が付着することもあり、さらに滑りやすい状況が作られます。

SGSによる滑り止めの原理

SGS施工は、石材に含まれる軟らかい成分を科学反応で溶かし、床材に直接約7マイクロメートル穴をあけて滑りにくくする技術です。
床が濡れるとその無数の穴に水が入り足裏との吸盤力が強まるため、水の移動が抑えられて滑り止め効果が現れます。

床材を傷めず美観はそのままに

SGSにより床材にあける穴の大きさは約7マイクロメートル。これは人の赤血球とほぼ同じ大きさで電子顕微鏡でなければ確認できないくらいの大きさです。
そのため、床材に凹凸ができることなく美観や質感を保ちながら高い滑り止め効果を得ることができます。

SGSの魅力と特長

SGSはお手入れ簡単
施工後、特別な道具を使用したメンテナンスは不要です。
ただし、床面に汚れが付着すると効果が薄れてしまうため通常の清掃で汚れを取り除いていただきます。
施工後にワックス等の処理を施すと滑り止め効果が失われます。
中和作業不要
SGSは中性の液剤のため、中和作業が必要ありません。
低コスト、少人数、短時間
特殊な液剤を用いた施工で、重機などを使用しないため短時間、少人数で施工可能です。
騒音、粉塵、匂いがほとんど無いこともあり都合のいい時間帯での施工が可能な為、結果的にコスト削減に繋がります。
参考料金
施工一式
10平米未満
64800円(税込)~
細かい面積や料金につきましてはお問い合わせ下さいませ。

powered by crayon(クレヨン)